広島で出会った9歳年上のセフレの思い出 第三話

京子は絶頂を迎え、放心状態だった。
ただ息遣いは、

「はぁ…はぁ、あぅ、あぁ…」

と荒い。

しばらく休憩と言わんばかりに、私を背にして横たわり肩を大きく上下にさせている。

背筋に舌を這わせてやると、小さく呻き、体を少し小さくさせた。

「お願い…ちょっとだけ休憩ね。」

と言われたが、お構いなしに攻め立てた。

背中を向けている彼女の背後から、チンコを突きつける。

→【9歳年上のセフレの思い出 第二話】はこちらから

広島で出会ったセフレ京子との愛欲に溺れる時間

「あああっ、お願い待ってぇ。」

絶叫にも似た喘ぎ声を出し始めている。

バストに刺激を加えながら、情熱の赴くままにピストン。

「奥まで、奥までぇ…ああ壊れちゃうぅ。」

全身を紅潮させ、全身で感じているのが分かります。

ひとしきり攻め終えると、今度は四つん這いにさせました。
谷間が開かれ、中心がよく見える。

再びチンコを挿入し、最初は浅くゆっくりと、徐々に深さを増すように…

小さく小気味良い声で喘いでいます。

そして、一気に突き上げてると、くぐもった低い声に変わった。

「おぉ…おうっ、おあぉ、おおっぉ、ああああぁ。
突いて、もっと、もっっと突いてぇぇ!」

ビクンビクンと背中を丸めて、彼女に3度目の絶頂がやってきた。

バラの花

 

仰向けにして、今度は強く抱きしめながら奥までチンコを入れる。

ぐりぐりとねじるように押し付けながら、お互いに舌を絡ませた。
彼女の頬に唾液が伝わり落ちていく。

ゆっくりと腰を動かし、チンコを出したり入れたり…。

トロンと潤ませた目で、私を見つめている。

胸の先を舌で音を立てながら転がしてやると、口を半開きにさせ首に手を回してきた。

「今度は…一緒にね!」

私は動きを速めていった。

情熱と欲望の赴くままに、ガツガツと京子の体に私の体をぶつけてやる。

私の動きに合わせて喘いでいる。

「あっ、あっ、あっ、あっぁ、ああぁっ…
また、ダメ、イきそう…うちまたイきそおぅ…
お願い、ヤダ、一緒にイってぇ!」

欲望の詰まった熱い液を彼女の体の上に走らせた。
快楽のあと、ぼんやりと意識が薄れていくのが心地よかった。

充実したセックスのあとに

いったいどのくらいの時間が経ってしまったのだろうか。

私たちは、いつの間にか眠ってしまっていたようだ…

隣には、私の腕の中で満たされた表情の人妻が寝息をたてている。
寝返りを打とうとすると、彼女は目を覚ました。

「うち、あのまま寝ちゃったのね。」

「おはよう、僕も寝てしまったよ。」

私は唇に軽くキスをした。
彼女は嬉しそうに体を寄せてくる。

ぴたりと寄り添い、豊かな胸を押し当てる。
足を絡めながら、キスをし返してくれます。

私は軽くおはようのキスのつもりだったが、彼女はそうじゃなかったらしい。

ベッドの中に潜り込み、チンコを咥えた。
唾液を絡ませるいやらしい音が、下半身から聞こえてくる。

私は敏感に反応してしまう。

「昨日、あんまり可愛がってもらってないよ。」

彼女は、意地悪そうに微笑みながら私に跨り、チンコを挿入。

「あぁ…」

両手を胸に置き、ゆっくりと腰を前後に動かし始めた。

段々とリズミカルに、そして勢いが増してくる。

「ああ、ダメ、腰が勝手に動いちゃう…」

彼女は指で胸の先を刺激しながら、グラインドさせている。

私はユサユサと揺れるオッパイに、下から押し上げるように手をかけた。

「いっぱい、いっぱい…揉んでほしいのっ。」

欲望を口にしながらも、快楽を貪ることは止まらない。
我が儘で自己中心的な腰の動きは続いている。

私は言われるがまま強く両手で揉みながら、胸の先を人差し指と中指に挟み振動を加えてやる。

「もっと、もっと揉んで、強く揉んでぇ。
奥までくる、ああ…子宮が奥までぇ…イきそう。」

卑猥な言葉につられ、おもわず京子の中で果ててしまった…

「ああ…アツいのがわかるよ。」

と私を見下ろして、満足そうな笑みを浮かべている。

「大丈夫な日だから、大丈夫。」

と言いながら、ギュッと抱きしめてくれた。

広島の街でそれぞれの生活に戻っていく

シャワーを浴び、ホテルを出る。
まだ朝もやで霞がかった広島の街に、喧噪が訪れる時間もあと少しだ。

ラブホテル街を抜けると、二人は挨拶もせず別々の方向へと歩き出した。

お互い知り合いに見られないように…
お互い知り合いを見かけても気がつかれないように…

恋愛感情と違う、お互い心の赴くままに求め合う男女の機微…
それがセフレ京子との出会いだった。

第四話に続く…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。