広島で出会った9歳年上のセフレの思い出 第二話

気が付けば30分以上時間が経っていた…
お互いに貪欲に貪りあったせいか、2人ともベッドの上から今だ動けずにいる。

彼女が体をゆっくりと起こして言った。

「お風呂…はいるでしょ。
溜めてくるね。」

あれだけ激しくセックスをしたのに、両手で体を隠しながらお風呂場へ。

お湯を入れる音と、シャワーを使う音が聞こえてきた。

→【9歳年上のセフレの思い出 第一話】はこちらから

広島で出会ったセフレ「京子」とセックスした後のこと

私もゆっくりと起き上がり、冷蔵庫からミネラルウォーターを取り出して口にした。

水がこんなに美味いとは…
私の中から放出した液体の分をまるで補てんするかのように、体中に沁みわたっていく感じがします。

広島に来て2週間。

これってセフレってやつなのかな…とぐるぐる頭の中で考えがめぐる。

シャワーの音が止まり、彼女が私を呼んだ。

「お湯たまったわよ。
おいで!」

一度肌を交わしたせいか、明け透けにもお風呂を共にするように誘った。

風呂場に行くときは恥ずかしそうだったのに…
女性の羞恥心の基準はよくわからない。

風呂場の戸を開けると、彼女はもう湯に入っている。
白い肌がほんのりピンク色に染まっていた。

シャワーを浴び、彼女が待つ浴槽へと向いゆっくりと入った。

「うち…どうだった?!」

「どうって?!」

「そのなんていうか、女として…」

「あんなに激しくしたのにわからない?」

と意地悪く彼女に問いかけてやった。
生娘のような表情で、はにかんでいます。

「体洗ってあげようか、上がって。」

照れを隠すかのように、浴槽から出るように促す。

ラブホ特有の大き目な風呂イスに座らせられると、スポンジを泡立て、ゆっくりと洗身し始めた。

先ほどは無我夢中で気がつかなかった豊かなバスト。
触れるか触れないかの絶妙な距離感で、私の体を這っていく。

再び京子と交わりたくなった私

ヌルヌルとした石鹸とバストの感触に、チンコは再び息を吹き返す。

「やっぱり、若いよね!」

呟いたあと、ゆっくりと愛おしそうに両手で包んでくれた。

泡立った石鹸と彼女の10本の指。

まるで別の意思を持っている生き物のように、チンコに刺激を与えてくれる。

徐々に興奮し始めた私に、

「もう我慢できなくなっちゃってるんでしょ!」

と上目使いで言ってきました。

私は我慢できずに欲望を口にします。

「もうベッドへ行きたい、早く行こう!」

「いいわよ、出ましょ!」

彼女は嬉しそうに返答。

脱衣場で体を乾かす姿すら、艶めかしく感じる。

私は後ろからそっと体を寄り添わせ、肩を抱きながら耳元で呟く。

「ここでして欲しい…」

と言いながら、チンコを彼女のお尻に擦りつきました。

察した彼女は、私の股間に顔をうずめた。

セフレ京子とお互いを喜ばせ合うセックス

先の方から根本まで丁寧に舌を這わせていく。
時には舌先のみで、時には舌全体を使って味わっている。

ゆっくりと時間をかけて、久しぶりのチンコを堪能しているようだった。

その行為になんとも言えないエロスを感じます。

充分に堪能したのか、チンコを口の中に入れた。
舌を這わせている時とは違い、リズミカルに頭を前後に動かします。

右手は根本をしっかりと押さえ、左手は2つのボールをソフトにこねくり回している。

脳がとろけてしまうとはこのことだろう。

しばらく悦に浸っていると、ピタッと動きが止まった。

「うちのもね、お願い…」

京子は立ち上がり、私の右手を握り自身の中心へと促した。

左手で肩を抱き寄せ、右手中指の腹で谷間を前後に這わせてやる。
苦悶の表情を浮かべ始めた。

私に身を委ね、豊かなバストを押し付けてくる。

人差し指と薬指で谷間を優しく開き、中指で十分突起している粒を円を描くように刺激してやった。

粒の周りを1周するごとに、声は甘くなる。
中心は十分に潤っている。

中指は滑らかに粒に興奮を与え続ける。
甘い声はだんだんと大きくなっていった。

体は耐えられなくなってきたのか、小刻みに震えている。

「もう、立ってられないからベッド行こう…」

下を向いている彼女に呟かれた。

ベッドに横たわらせると、股を開かせた。
今度は指ではなく、谷間にある粒に舌を這わせていく。

甘い声から、荒い熟れた女の声に変わっていくのがわかった。

私の頭を鷲掴みにして、子供のようにねだった。

「もっと、いっぱい舐めてぇ…お願いもっとぉ…」

自ら谷間をおし開き、もっと舐めるように催促している。

両手で豊かなバストに手を伸ばし、荒々しく揉みしだきながら
京子自ら開いた谷間の間にある粒に、
小刻みに振動を与えながら左右に嘗めまわしてやる。

「そこダメっ…もうイク…あっイクッぅぅ!」

ビクビクと体を震わせ、絶頂を迎えた。

ハァハァと恍惚の息遣いがホテルの部屋を満たしていく。

ミルク

私は彼女の中心へ右手の中指を差し入れた。
ビクッと体を仰け反らせ、首を横に振りながら、

「ちょっと待って、ちょっと休憩しんどいのぉ。」

ギュッと強く抱きしめながら、中指の腹で差し入れた中の上部をリズミカルに擦ってやる。

低くくぐもった喘ぎ声に興奮を覚えた。

「おぉ…おうっ、おあぉ、おおっぉ、ああああぁ。」

中を攻め続けながら、彼女の口へ陳尾をねじ込ませた。

「ああぅ、あぁああぅ…」

口角からよだれを流しながら、身を悶えさせている。

「もう、デちゃうよ…デちゃうよぉ、デるぅぅ!」

ダブルベッドに大きなシミを作り、彼女は再び絶頂を迎えた。

第三話に続く…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。